産経ニュース

伊勢神宮参拝者数 昨年は880万人 「菓子博」効果で高水準

地方 地方

記事詳細

更新


伊勢神宮参拝者数 昨年は880万人 「菓子博」効果で高水準

 神宮司庁によると、伊勢神宮の平成29年の年間参拝者数は約880万人だった。伊勢志摩サミットで各国首脳が訪れた28年から約6万人増え、過去4番目の多さ。神宮司庁は4~5月に伊勢市で開催された「お伊勢さん菓子博」の効果が大きいとみている。

 伊勢神宮の年間参拝者数は、20年に1度の式年遷宮でピークとなった後は大きく減少する傾向があるが、25年の前回以降は比較的高い水準を維持している。神宮司庁は、菓子博効果に加え、寺社の御朱印ブームや、サミットで海外の要人が訪れたことで神宮の価値が見直されたことも要因と分析している。今年は7~8月に「2018 彩る感動 東海総体」(インターハイ)が県内を中心に開催され、伊勢市の県営アリーナで総合開会式が行われることから、神宮司庁は「若い人に多く訪れてもらえたらうれしく思う」としている。

 伊勢神宮の年間参拝客数の過去最多は25年の約1420万人で、次いで26年の約1087万人。