産経ニュース

鹿児島に「西郷どん 大河ドラマ館」 実寸大セット再現、13日オープン

地方 地方

記事詳細

更新


鹿児島に「西郷どん 大河ドラマ館」 実寸大セット再現、13日オープン

「西郷どん 大河ドラマ館」に展示されるドラマ撮影に使われた衣装 「西郷どん 大河ドラマ館」に展示されるドラマ撮影に使われた衣装

 NHK大河ドラマ「西郷どん」のスタジオセットなどが再現された「西郷どん 大河ドラマ館」が鹿児島市加治屋町に完成し、11日に地元住民と報道陣向けの内覧会が開かれた。主人公、西郷隆盛と盟友の大久保利通が相撲を取った土俵などが再現され、出演者らのパネルと記念撮影ができる。13日に正式オープンする。

 大河ドラマ館は、平屋で延床面積約1300平方メートル。鹿児島県や鹿児島市などでつくる推進協議会が設置した。内覧会には住民約250人が参加し、撮影で使われた衣装などを見学した。

 会社役員、村田恵美子さん(64)は「実寸大のセットを見て、撮影の雰囲気を味わえた。次の放送が楽しみになった」と話した。市の明治維新150年・西郷どん推進室の上堀内強室長は「来場者の目標は50万人。鹿児島の歴史を知って、西郷ゆかりの地を訪れてほしい」と語った。

 開館は来年1月14日まで。当日券は大人600円、小・中学生300円。未就学児は無料。