産経ニュース

韓国訪問団を初釜でおもてなし 狭山市立中の茶道部生徒

地方 地方

記事詳細

更新


韓国訪問団を初釜でおもてなし 狭山市立中の茶道部生徒

 狭山市立狭山台中学校茶道部の女子生徒6人が11日、同市立博物館で初釜を行い、同市の姉妹都市、韓国トンヨン市の議員訪問団6人をもてなした。

 訪問団は10~12日の日程で同市を行政視察に訪れており、この日は狭山市役所を表敬訪問した後、同博物館に立ち寄った。

 茶道裏千家教授、蓬田宗茂さんの指導を受けている生徒らは床の間に縁起物の結び柳などが飾られた茶室で一行を迎え、前部長の3年、上西富美子さん(15)が緊張した様子でお点前を披露。議員らは興味深げにお茶を飲み、日本の伝統文化を楽しんでいた。

 席主を務めた3年の樋口結香さん(15)が最後に「お茶はいかがでしたか。茶道の心が国際交流に役立ち、世界が平和になることを願っています」とあいさつ。訪問団の劉禎哲議長は「韓国にも茶道はあるが、中学生のお点前は格別に感銘した」と話していた。