産経ニュース

元研修医に懲役7年判決 静岡地裁

地方 地方

記事詳細

更新


元研修医に懲役7年判決 静岡地裁

 女性に薬物を飲ませて乱暴したなどとして、準強姦と傷害の罪に問われた元研修医、大谷祐介被告(29)=焼津市小川=の判決公判が11日、静岡地裁で開かれ、佐藤正信裁判長は大谷被告に懲役7年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。

 佐藤裁判長は「自己の性的欲望のために被害者の人格と尊厳を踏みにじった卑劣な行為」と指摘。「大胆さと悪質さが際立っており、医師の立場でありながら引き起こした事件で厳しい非難は免れない」と断罪した。

 判決によると、平成28年5月、焼津市の飲食店で、飲み会で知り合った20代の女性の酒に精神安定剤を混ぜて意識をもうろうとさせわいせつな行為をし、同年8月にも、同様の手口で別の20代の女性にもわいせつな行為などをした。