産経ニュース

浦安市、TDLで式典 千葉市、市長と座談会 成人の日、決意新たに

地方 地方

記事詳細

更新


浦安市、TDLで式典 千葉市、市長と座談会 成人の日、決意新たに

 「成人の日」の8日、県内各地で新成人の門出を祝う式典が開催された。浦安市では、恒例となっている東京ディズニーランド(TDL)での成人式が催され、ミッキーマウスらが一生の思い出を演出。千葉市では、新成人が熊谷俊人市長と将来の同市を語り合う座談会が開かれ、社会人としての決意を新たにした。

 浦安市舞浜のTDLでの成人式は17年連続の開催。同市の新成人2072人の82%に当たる1699人が参加した。式典では、ディズニーの仲間たちが音楽とダンスで会場を盛り上げ、ステージを降りたミッキーマウス、ミニーマウスが「おめでとう」と新成人にハイタッチして門出を祝福。式典を終えた晴れ着姿の女性たちは「一生に一度のシャッターチャンス」と、シンデレラ城の前でポーズを取っていた。

 新成人が実行委員会を立ち上げて企画した式典のテーマは、浦安から飛び立つ鳥のようにとの願いを込めた「勇鵬舞進」。実行委員長の同市の大学2年、阪口陽美(みなみ)さん(20)は「影響力のある大人になりたい」と話した。

 千葉市中央区の千葉ポートアリーナで開かれた同市の「成人を祝う会」では、同市出身のモデル、飯豊まりえさん(20)が壇上でスピーチ。千葉ロッテマリーンズの選手らによるビデオメッセージも流され、新成人9757人のうち、7313人が出席した。

 その後、千葉ポートサイドタワー(同区)で、市内で働く消防局職員や勉学に励む大学生ら新成人12人と熊谷市長による座談会「新成人と語る未来の千葉市 2018」が開催。教育や児童福祉、市内の活性化やバリアフリーなど多岐にわたる話題について、新成人がそれぞれの専門分野の視点から意見を交わした。

 春から市内の幼稚園で働く同市緑区の短大2年、田原広美さん(20)は「千葉市についてそれぞれの考え方が聞けて、自分たちの町がまた好きになった」と笑顔。

 特別支援学校の教諭を目指している同市中央区の大学2年、小栗央さん(20)は「次世代につないでいく新成人としての自覚が深まるいいきっかけになった」と話した。