産経ニュース

【春高バレー注目選手】郡山女大付・橋本美久主将(3年) 手堅いプレー積み重ね

地方 地方

記事詳細

更新

【春高バレー注目選手】
郡山女大付・橋本美久主将(3年) 手堅いプレー積み重ね

 主将でセッター。文字通り郡山女大付の司令塔だ。

 「守備に力を入れ、粘って粘って、最後に決める」が、バレースタイルと話す。県代表決定戦でも手堅いプレーを積み重ね、全国出場を勝ち取った。

 大会を目前に控えても、「前回に続いて2度目の出場だからあがらないと思う。いつも通りのバレーをやりたい」と力むことはない。主将として部員全員とのコミュニケーションに気を配り、セッターとしてもアタッカーと息を合わせることを心掛ける。

 「指示が的確」「悪いところがない」と部員からの信望は厚く、佐藤浩明監督も「頭がいい」と多くを任せる。

 バレーボールを始めたのは小学3年のころ。スポーツ少年団で試合を見て、憧れたのがきっかけだった。親に「どうせ続けられない」と言われたが、メキメキと成長して、チームを全国に導く存在に。「相手チームに気持ちでは負けない」と芯の強さも見せる。

 練習のない日には部員と食事をするのが楽しみだという。「仲のいいチームなんですね」と問いかけると、笑みを浮かべ、「はい!」と力強く答えた。(内田優作)