産経ニュース

【春高バレー注目選手】雄物川・田畑聡一郎選手(3年) 後衛から味方アシスト

地方 地方

記事詳細

更新

【春高バレー注目選手】
雄物川・田畑聡一郎選手(3年) 後衛から味方アシスト

 1人色違いのユニホームを身につけ、コート上での声とガッツポーズの大きさはチームで一番。「少しでも雰囲気をよくしようと思って、あえて大げさにやっています」。ポジションはリベロ。後衛に徹する守備の大黒柱で、相手の状況を見極め声を出し味方をアシストする。

 「後ろの方がコートを見渡せる。レシーブ、トス、それをエースがバーンと打つ。アタッカーも気持ちがいいし、よいプレーになれば自分もボールを上げてよかったと思う」

 身長は175センチあり、最高到達点は310センチ。小、中学時代はアタッカーだったが、高校1年生のとき、リベロにコンバートされた。

 「不安だし、それにアタッカーの方がかっこいい」と思っていたが、全国のリベロの選手を見ているうちに、「このポジションもいいな」という気持ちがわき上がった。

 前回の春高では1回戦で敗退。チームに足りないのは精神面だと分析する。

 目標は春高のセンターコート(4強以上)。「細かい記録に残らないミス、失点にみえない失点はまだまだある。勝ちにいく、強い気持ちでやっていきたい」と意気込んだ。(林修太郎)