産経ニュース

ベンチャー・コンテストで宮崎大工学部生がグランプリ受賞

地方 地方

記事詳細

更新


ベンチャー・コンテストで宮崎大工学部生がグランプリ受賞

 大学生らの創造力やチャレンジ精神を育てようと、九州経済産業局や福岡市などが企画する第17回大学発ベンチャー・ビジネスプランコンテストで、宮崎大工学部の木下大輔さんらが考案した「障害者のための情報データベース」がグランプリに選ばれた。

 障害者が、各種サービスを受ける際などでさまざまな手続きが求められる点に着目し、利用者の悩みの解決を目指す計画を具体的に立て、高い評価を受けた。

 九州経済産業局長賞には北九州工業高等専門学校生産デザイン工学専攻、藤原雛子さんらが選ばれた。

 眼鏡型端末「スマートグラス」を用い、介護職員が行う書類作成の負担を軽減するアイデアを提案した。

 コンテストは、九州ニュービジネス協議会の貫正義会長(九州電力会長)が委員長を務める実行委員会が主催する。平成13年に始まり、今回は九州一円の大学など17校から計53件の応募があった。