産経ニュース

山口銀、労働局と連携協定 働き方改革や生産性向上

地方 地方

記事詳細

更新


山口銀、労働局と連携協定 働き方改革や生産性向上

協定書に調印した吉村猛頭取(中央)ら 協定書に調印した吉村猛頭取(中央)ら

 山口銀行と山口労働局などは、県内企業の働き方改革や生産性向上を目的にした包括連携協定を結び、21日、山口県下関市で締結式を開いた。

 山口銀行が、女性の活躍や労働関係の助成金制度などについて開催するセミナーに、労働局が講師を派遣することなどを想定している。

 協定には、山口銀行と同じ山口フィナンシャルグループ傘下のコンサルティング企業「YMFG ZONEプラニング」も加わっている。同社は、自治体向けの生産性向上提案などに強みがある。

 式典で山口銀行の吉村猛頭取は「少子高齢化や人口減少という構造的な問題があり、働き方改革は喫緊の課題だ。私たちの持つ企業ネットワークを通じ、実効性の高い取り組みを構築したい」と述べた。