産経ニュース

八尾・龍華地区の「今年の漢字」は「命」 高校生が豪快に揮毫

地方 地方

記事詳細

更新


八尾・龍華地区の「今年の漢字」は「命」 高校生が豪快に揮毫

 八尾市龍華(りゅうげ)地区の「龍華コミュニティセンター」で、府立八尾高校書道部員5人が書道パフォーマンスに取り組み、平成29年の世相を漢字一字で表す「今年の漢字」として地元で最も投票の多かった「命」の文字を豪快に揮毫(きごう)した。

 「今年の漢字」は毎年、日本漢字能力検定協会(京都市東山区)が募集。今年は「北」に決定し、12日に清水寺(同区)で発表された。同センターは昨年から地元の応募を集計し、最も多い文字を「龍華の今年の漢字」に選んでいる。

 地元の116件の応募の中で最も多かったのが「命」。書道部員5人は大きな書道用紙の上で、音楽に合わせて約4分間、裸足でパフォーマンス。豪快な筆さばきで、「龍華の今年の漢字 命」と書き上げた。

 2年で書道部部長の阪井彩花さん(17)は「命の大切さが伝わるように気持ちを込めました」と話していた。