産経ニュース

イージス・アショア候補地閣議決定 「安心」「標的」…秋田で賛否

地方 地方

記事詳細

更新


イージス・アショア候補地閣議決定 「安心」「標的」…秋田で賛否

イージス・アショア配備の閣議決定を受け、記者団の質問に答える秋田県の佐竹敬久知事=19日午前11時、県庁(藤沢志穂子撮影) イージス・アショア配備の閣議決定を受け、記者団の質問に答える秋田県の佐竹敬久知事=19日午前11時、県庁(藤沢志穂子撮影)

 一方で反対意見もある。

 「配備によりミサイルの標的にされかねない」との懸念で、例に挙げられるのは先の大戦の終戦間際に秋田市であった土崎空襲だ。

 昭和20年8月14日夜から15日にかけ、土崎港の周辺で米軍のB29爆撃機による大規模な空襲があった。現在でも採掘可能な油田がある秋田市では当時、付近に大規模な製油所があり、それを狙ったとされる。

 土崎港被爆市民会議の伊藤紀久夫事務局長(77)は「いつの間にか(配備に)巻き込まれてしまった印象。戦争にならない平和の道を考えたい」と話した。

このニュースの写真

  • イージス・アショア候補地閣議決定 「安心」「標的」…秋田で賛否
  • イージス・アショア候補地閣議決定 「安心」「標的」…秋田で賛否
  • イージス・アショア候補地閣議決定 「安心」「標的」…秋田で賛否