産経ニュース

福島の飯舘「雪っ娘かぼちゃ」が店頭に

地方 地方

記事詳細

更新


福島の飯舘「雪っ娘かぼちゃ」が店頭に

イオン福島店の売り場に並ぶいいたて雪っ娘かぼちゃ=19日午前(内田優作撮影) イオン福島店の売り場に並ぶいいたて雪っ娘かぼちゃ=19日午前(内田優作撮影)

 福島県飯舘村生まれのカボチャ「いいたて雪っ娘かぼちゃ」の販売が19日、イオン福島店(福島市)など、県内の系列5店舗で始まった。22日ごろまで売り場に並ぶという。

 同村出身の元高校教師、菅野元一さん(67)が30年かけて改良した品種で、名前の由来になった白っぽい皮と、甘みが強くほっくりした食感が特徴だ。

 東日本大震災直後に品種登録され、同村と福島市松川、同市桜下の計3地区で栽培している。福島店で実演販売した「いいたて雪っ娘かぼちゃプロジェクト協議会」の渡辺とみ子さん(63)は「今年はいいカボチャができた。冬至かぼちゃやスープにして食べてほしい」とPRしていた。

このニュースの写真

  • 福島の飯舘「雪っ娘かぼちゃ」が店頭に