産経ニュース

地方 地方

記事詳細

更新


相馬市長選、現新一騎打ち

 ◇相馬市長選 届け出順

立谷 秀清 66 市長  無現〔4〕 

荒川 五郎 69 元市議 無新  

                   ◇

 任期満了に伴う相馬市長選が17日告示され、いずれも無所属で、5選を目指す現職の立谷秀清氏(66)と、新人の元市議、荒川五郎氏(69)が立候補を届け出た。激戦となった4年前の前回選挙と同じ顔ぶれの現新一騎打ちとなった。24日投開票される。

 最大の争点は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興政策への評価。加えて、立谷氏は小中学校の給食無償化など子育て支援や地方創生を掲げ、支持を訴える。荒川氏は市民主導の行政運営を唱え、農業の後継者育成や高齢者福祉施設の充実などを公約に、批判票の取り込みを狙う。