産経ニュース

獣害対策は地域社会の連携で対応を 津でフォーラム 檻や音響資材展示も

地方 地方

記事詳細

更新


獣害対策は地域社会の連携で対応を 津でフォーラム 檻や音響資材展示も

 獣害について総合的に考える「獣害につよい三重づくりフォーラム」が16日、津市の県総合文化センターで開催された。講演やフォーラムのほか、獣害対策のさまざまな資材、製品の展示も行われ、参加者が興味深そうに見入っていた。

 県出身で県職員経験もある兵庫県立大の山端直人教授が「これからの地域社会のための獣害対策」と題して講演。山端教授は農業従事者の耕作地放棄の理由は第1位は高齢化・後継者不足だが、第2位は獣害が原因と指摘。獣害対策を進めなければ農業の未来はないとし、サルやイノシシ、シカたちに住家や農作地に近寄ることを危険だと認識させる必要があるとした。

 その上で、集落内で管理されなくなった果樹などのエサ場をなくすほか、組織的な連携を協同で進めて捕獲作戦を展開する必要があるなどと説いた。

 フォーラムでは県内の取り組み事例が紹介されたほか、次世代リーダーへの継承策や、安全対策講習などが行われた。

 ほかに国内メーカー約30社が集まり、捕獲用のわなや檻(おり)、放逐用の音響資材や脅し道具などを展示。来場者は興味深そうに見入ったり、使い方の説明を受けたりしていた。

 フォーラムでは「獣害につよい集落」知事表彰として、この1年間の優秀な活動団体を表彰。集団営農と獣害対策を両立させた団体として、津市の高座原地区獣害対策協議会や、多気町「丹生地区」、紀宝町の「農事組合法人飛雪の滝百姓塾・浅里地区環境保全協議会」の3団体が知事表彰。鈴木英敬知事が表彰状を贈り、努力をたたえた。