産経ニュース

地方 地方

記事詳細

更新


冷え込む朝「太陽柱」観測 津山

 太陽から垂直に柱が伸びているように見える珍しい自然現象「太陽柱」(サンピラー)が13日早朝、津山市で観測され、冬空を赤く染めた。

 岡山地方気象台によると、太陽柱は大気中の氷の粒に太陽の光が反射し、太陽から光の柱が上がっているように見える現象。風のない、冷え込んだ日の出の頃に見えることがあるという。

 観測されたのは午前7時過ぎで、津山城跡上空に、赤い柱が立ちのぼり、徐々に太陽が現れ、雪が舞う中、幻想的な世界が広がった。

 この日の同市の最低気温は氷点下4・3度と今季最低を記録。厳しい冷え込みの朝となった。