産経ニュース

さいたま市スポーツアドバイザーを池田前ベイスターズ社長に委嘱

地方 地方

記事詳細

更新


さいたま市スポーツアドバイザーを池田前ベイスターズ社長に委嘱

 さいたま市の清水勇人市長は13日の定例会見で、横浜DeNAベイスターズ前社長の池田純氏に同市スポーツアドバイザーを委嘱したと発表した。また、「浦和レッズAFCチャンピオンズリーグ2017優勝報告会」を20日に開催し、レッズに同市長特別賞を贈呈することも公表した。

 池田氏は平成23~28年にベイスターズの社長を務め、5年間で売り上げを倍増させて経営を黒字化させた実績があり、現在は日本ラグビーフットボール協会の特任理事などを務めている。

 一方、レッズはJリーグ勢唯一のACL複数回優勝を達成し、同市の掲げる「スポーツを活用したまちづくり」に多大な貢献を果たしたことが評価された。同市長特別賞はこれまでに15人2団体が受賞している。

 「優勝報告会」は、浦和駅東口駅前市民広場で、20日午後3時半から(小雨決行)。定員は着席300人、立ち見あり。同日午前9時から整理券が配布される。