産経ニュース

日南・油津駅、「日本一のカープ駅」へ! JR九州も協力 有志ら、真っ赤な姿で応援

地方 地方

記事詳細

更新


日南・油津駅、「日本一のカープ駅」へ! JR九州も協力 有志ら、真っ赤な姿で応援

 プロ野球・広島カープのキャンプ地、宮崎県日南市にあるJR日南線油津駅が来年、「カープ駅」になる。駅舎をチームカラーの赤色に染め上げ、「Carp」のロゴも加える。来シーズンの日本一へ、日南市がチームを応援する。(村上智博)

 カープは50年以上にわたって、春と秋のキャンプを日南市で張っている。いわば地元球団だ。そのカープは今年、大差でリーグ優勝を果たしたが、続くクライマックスシリーズで敗北した。

 そこで日南市の有志が、キャンプ地の最寄りである油津駅からチームを鼓舞しようと、「日本一のカープ駅をつくる会」を結成した。JR九州も協力する。

 計画によると、白が基調の駅舎を、年明けから赤色に塗装する。塗るのは駅舎の東側の一面(約140平方メートル)で、1月13、14両日には、地元の中学生も作業に参加する。ロゴのほか、マスコットキャラクターの「カープ坊や」も登場する。

 春のキャンプイン直後の2月4日、完成お披露目イベントを開き、緒方孝市監督を招く。JR九州は同日、臨時列車「日本一のカープ“油津”号」(宮崎-油津)を走らせる。女性カープファン「カープ女子」や、お笑い芸人が乗車し、お祝いムードの盛り上げに一役買う。

 つくる会メンバーの一人、JR九州宮崎総合鉄道事業部の松本聡之運輸主任(32)は「イベントをきっかけに、日南市に元気を届け、街全体の活性化につなげたい」と語った。