産経ニュース

世界で2例目のハチ、大学院生が見つける 三重県総合博物館近く

地方 地方

記事詳細

更新


世界で2例目のハチ、大学院生が見つける 三重県総合博物館近く

 県総合博物館MieMu(津市一身田上津部田)は12日、国内での生息例が記録に残っていないハチ「ネオドリヌス イソネウルス」が、同館に隣接する広場で見つかったと発表した。

 中国の雲南省で1997年に発見されて以来、世界で2匹目の発見。22日から来年1月31日まで同館で無料展示する。

 見つかったのは体長約5ミリのメスで、欧州から日本にかけて約40種が生息する「ホソクビカマバチ属」の1種。三重にも分布している「ニホンカマバチ」に似ているが、6本の足のうち前の2本の足の先の形状や、背中の模様に違いがある。人に危害を加える種ではないという。

 発見者は昆虫学が盛んな九州大の大学院1年で菰野町出身の辻尚道さん。今年9月9日に同館周辺で昆虫調査を行ったさいに捕獲した。同大の助教らが種類を確認(同定)し、12月9日に北九州市立自然史・歴史博物館で開催された日本昆虫分類学会で紹介されたほか、今後、学術誌に正式に発表される予定。

 同館では、今後もさらに周辺の里山などを調べて生態解明に努めるとともに、世界で未発見のオスの採集も目指したいとしている。