産経ニュース

奥伊吹スキー場、一足早くオープン 滋賀

地方 地方

記事詳細

更新


奥伊吹スキー場、一足早くオープン 滋賀

 冬型の気圧配置が強まった12日、県内も厳しい冷え込みとなった。彦根地方気象台によると、最高気温は大津市で5・7度、米原市で4・1度と平年を5度以上も下回った。米原市甲津原の奥伊吹スキー場では同日、今季の営業を開始。今季のスキー場開きは県内で初めてで、担当者は「例年より早いオープンで、約4カ月のロング営業ができそう」と話している。

 同スキー場では、先月16日に初雪を観測して以来、10日ほど降雪を確認。12日未明に新雪が15センチほど積もり、人工雪と合わせて滑走可能の基準となる「40~45センチ」を上回った。この日は早速、スキー客が訪れていた。

 12コース中2コースがオープンし、13日に3コース目も開くという。4月上旬までの営業予定。

 問い合わせは同スキー場(電)0749・59・0322。