産経ニュース

枚方70年の歩み、写真で身近に 市が冊子作成 家族を通して…年代幅広く

地方 地方

記事詳細

更新


枚方70年の歩み、写真で身近に 市が冊子作成 家族を通して…年代幅広く

 今年で市制施行70周年を迎えたのを記念し、枚方市は、市内で撮影された家族写真を通して枚方の歩みを振り返る冊子「70年!枚方家族」を作った。戦後間もない頃に食卓を囲む家族や「ひらかたパーク」で楽しむ親子など、幅広い年代の写真を紹介。市広報課は「『人が主役』の写真集。枚方70年の歩みを身近に感じて」としている。

 枚方市は昭和22年8月1日に市制を施行。今年で70周年になるのを祝おうと、読みにくい市名を逆手に取ったPRポスターを作るなど、さまざまな手法で地元をアピールしており、冊子もその一環で作成した。

 市広報課によると、写真は今年4~6月、広報誌や市ホームページで募集。計56人から応募があり、提供分から119枚を選んだ。「思い出詰まった学校」や「団地のある風景」、「楽しいお祭り」など10テーマに分けて紹介している。

 最も応募枚数の多かった写真は「ひらかたパーク」で24枚。ジェットコースターを着物姿の女性が見守る白黒写真(昭和31年)や、フラッシュモブの様子(今年)があった。最も古いのは、枚方市になった翌年に撮られた三世代家族5人が食卓のおせちを囲む写真(昭和23年)だった。

 各写真は提供者のエピソード付きで、愛着がわきやすい内容。巻頭には人気アイドルグループV6の岡田准一さんら、枚方ゆかりの著名人の貴重な写真とメッセージも紹介している。

 A4判カラー32ページで、1万2000部発行。市役所や京阪枚方市駅市民室サービスセンター、市ホームページでも公開。市外在住の希望者には無料で郵送する。1人1冊まで。問い合わせは市広報課(電)072・841・1258。