産経ニュース

上庄さといも「統制とり出荷」 小鯛ささ漬「海外にも販路を」 福井の地域ブランド登録生産者ら

地方 地方

記事詳細

更新


上庄さといも「統制とり出荷」 小鯛ささ漬「海外にも販路を」 福井の地域ブランド登録生産者ら

 農産物や水産物など地域ブランド品を保護する国の「地理的表示(GI)」に登録された大野市上庄地区の「上庄さといも」の生産団体、テラル越前農業協同組合の松田義一組合長と、小浜市の「若狭小浜小鯛ささ漬」の生産団体、協同組合小浜ささ漬協会の田村均理事長が8日、県庁の西川一誠知事を表敬訪問した。

 松田組合長は「これを励みに一層のブランド化に努めたい」と意欲を見せた。田村理事長は「なぜ若狭小浜の地域ブランドとして登録できるのか理由付けが難しかった。京都の料亭でお土産に出したのが始まりです」と紹介した。西川知事は「小鯛ささ漬と上庄さといもをおかずに、(県産ブランド米の)いちほまれを食べればいうことない」などと話した。

 面談後、松田組合長は「来年からブランドとして統制をとって出荷したい」、田村理事長は「水産加工品で初めて登録がとれたことをアピールし、海外にも販路を伸ばしたい」と意欲を示した。