産経ニュース

青森空港に除雪隊ホワイトインパルス出動!! 

地方 地方

記事詳細

更新


青森空港に除雪隊ホワイトインパルス出動!! 

 本格的な降雪期となり、青森空港では同空港除雪隊「ホワイトインパルス」の出動式が行われた。年間の累計降雪量が10メートルを超えることもある豪雪空港だけに、隊員らは冬期の安全運航を支えるプロフェッショナルとして厳しい冬に挑む。

 ホワイトインパルスは、青森市内の建設会社4社の約120人で組織し、35台の重機を使い交代制で除雪に当たる。隊列を組んで除雪する姿を航空自衛隊のブルーインパルスになぞらえ、平成25年度に命名。積雪3センチ以上で出動、東京ドーム12個分の広さ55万平方メートルの除雪を離発着の合間を縫って40分でこなす。

 1日に行われた出動式では同空港管理事務所の奥崎彰所長が「効果的、効率的な除雪が日本一の除雪隊の誇り」とあいさつした後、除雪車両のデモ走行が行われた。福士真人隊長(38)は「作業員の士気も高まっている。飛行機の安全運航を第一に作業をする」と決意を語った。同事務所によると、昨シーズンは224回出動した。