産経ニュース

山梨県内でもインフル流行期入り

地方 地方

記事詳細

更新


山梨県内でもインフル流行期入り

 県は7日、インフルエンザが県内で流行期に入ったと発表した。定点観測している41医療機関の平均患者数が、流行期入りの目安としている1・00人を超え、1・41人となった。

 県健康増進課によると、先月27日から今月3日までの間の患者数は計58人。昨年比で2週間遅れの流行期入りとなった。

 7日時点で、甲州市、南アルプス市の公立小学校計3校が学年閉鎖、中央市の公立小学校1校が学級閉鎖を実施している。同課は「手洗いやせきをする際のマスクの着用を徹底してほしい」と呼びかけている。