産経ニュース

運転中にタブレット 西武バスが処分検討

地方 地方

記事詳細

更新


運転中にタブレット 西武バスが処分検討

 西武バスは7日、乗務中に所沢営業所の男性運転手(44)が私物のタブレットを使用したと発表した。同社は運転手の処分を検討している。

 同社によると、男性運転手は11月28日夜、西武園駅-所沢駅西口行きのバスにタブレットを持ち込み、所沢市の所沢駅西口入口交差点で信号待ちをしている間、イヤホンを右耳につけて約1分間操作。その後、折り返しのバスを運転中にイヤホンを取り外したとしている。

 折り返しのバスに乗った客から運転に関する問い合わせがあり、発覚。ドライブレコーダーの映像に映っていた。運転手は乗車前に私用の電話をしていたという。

 同社は「管理体制と教育体制を見直すなどし、再発防止に努める」としている。