産経ニュース

【ろっけんグルメ】Farm to Table(青森市) 野菜たっぷり健康弁当

地方 地方

記事詳細

更新

【ろっけんグルメ】
Farm to Table(青森市) 野菜たっぷり健康弁当

 旬の青森県産無農薬野菜を使い、化学調味料不使用のヘルシーな弁当が女性やサラリーマンの胃袋を優しく包む。

 オーナーの木村尚子さん(38)は、3年前から同県産野菜を使った「お野菜クレヨン」を販売、マスコミで取り上げられるなど話題となっている。野菜への思い入れと自身の健康も考える上で「野菜中心の弁当を売り出したい」と、先月1日に青森市中心部の繁華街にオーガニックランチボックス専門店をオープンさせた。

 小ぶりのおにぎりは減農薬の白米と漆黒米を使用。野菜中心のおかずは日替わりだが、肉や魚も入っている。見た目には男性には少し物足りないかなと思っていたが、「食べて下さい」と1個ちょうだいした。きれいな彩りが食欲をそそり、ボリュームにも大満足。薄味とあって、日頃の不摂生に反省しきり。旬の野菜をふんだんに使った週替わりのスープも体に優しい(ランチボックス700円、スープ200円、いずれも税込み)。

 「二日酔いのときでもすんなり食べられるし、女性、お年寄りの方にも好評です」と木村さん。コンビニ弁当と比べると値段は若干、高いと感じるが「生きていく上で健康は最も大事」と言い切る木村さんの言葉通り、平均寿命が最も短い同県は、官民一体となって短命県返上対策に取り組んでいる。

 「食で街を活性化させ、県民の食に対する意識を変えていきたい。将来的には食育を絡めたレストランも手掛けたい」。同市内にまた一つ、健康志向の名店がお目見えした。 (福田徳行)

                   ◇

 ▽アクセス 青森市古川1の14の3 ブラックボックス1階。JR青森駅から徒歩約10分。(電)080・3328・3216

 ▽営業時間 平日午前11時半~午後2時。1日30食限定で、なくなり次第終了。予約、大量注文も受け付ける

 ▽定休日 土・日・祝日

 ▽店主お薦めの他店 洋風居酒屋「バル1×1=ichi」(青森市新町1の9の19)、ダイニング居酒屋「びやんご」(同市新町2の7の12)「マスカルポーネチーズのトーストがお薦め」