産経ニュース

加太の鯛どんぶり提供開始 食祭WAKAYAMAのグルメ対決で“味匠”受賞

地方 地方

記事詳細

更新


加太の鯛どんぶり提供開始 食祭WAKAYAMAのグルメ対決で“味匠”受賞

 11月23日に開催された「食祭WAKAYAMA2017」のご当地グルメ対決で「和歌山の真・味匠」に選ばれた受賞メニュー「加太・鯛どんぶり 美肌餡かけ-和歌がえり-2017」が、和歌山市加太の宿泊施設「加太淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯」で提供されている。

 同イベントで恒例となったグルメ対決の初代“味匠”に輝いたメニューにアレンジを加え、7回目の今年、再び選ばれた。

 鯛の刺し身に、うろこや骨などから出汁をとった餡、さらに鯛わたに練りごまを加えてかけた。紀の川漬けや県産のブドウ山椒を使った天かす、南高梅などものせた。

 同施設によると、鯛のうろこから取れたコラーゲンも含まれており、“和歌がえり”を期待して楽しめるほか、故郷や自然に思いをはせ、懐かしさが感じられる味わいとなっているという。

 定食1836円。午前11時~午後2時。問い合わせは同施設(電)073・459・1151。