産経ニュース

岩手・岩泉町の伊達勝身町長「わいせつ行為」謝罪 病気による幻聴を強調

地方 地方

記事詳細

更新


岩手・岩泉町の伊達勝身町長「わいせつ行為」謝罪 病気による幻聴を強調

岩手日報の女性記者にわいせつ行為をしたと報じられ、記者会見で釈明する岩手県岩泉町の伊達勝身町長=6日、町役場(石田征広撮影) 岩手日報の女性記者にわいせつ行為をしたと報じられ、記者会見で釈明する岩手県岩泉町の伊達勝身町長=6日、町役場(石田征広撮影)

 岩手日報が6日付の紙面で、同社の女性記者が10月中旬に岩泉町の伊達勝身町長(74)からわいせつ行為を受けたと報じた問題。伊達町長は陳謝しながらも、わいせつ目的でなく病気による幻聴が原因の「迷惑行為」だったと強調し、進退については「辞職も含めて考えていく」と述べた。

 岩手日報は同日午前11時から記者会見を開いた。女性記者が被害を受けたとする当日、報告を受けた上司が電話で伊達町長に抗議、約1週間後、盛岡市を訪れた伊達町長に同社役員が会って抗議文を提出したことなどを明かした。さらに、刑事告訴の可能性を示唆、記者が示談交渉に応じていないことも明らかにした。

 同日午後4時半前、硬い表情で町役場の会見場に現われた伊達町長は立ったままで会見。冒頭、伊達町長は用意した文書で「記者さんへの迷惑行為についてお詫び申し上げたい」と切り出した。あくまで今年2月に心的外傷後ストレス(PTSD)と診断された病気が原因だと強調。台風10号から1年の8月30日に行われた慰霊祭以降に症状が悪化したと説明した。

 当日の模様も「顔を洗い髭を剃ろうとしたら突然“助けて”という声がしてきた。前の日に会食した記者が連れて行かれる幻聴に襲われ、ドアをノックして電話したら出てきて“ああ良かった”と思わずハグをした。そこでハッと我に帰った」と説明、この日の議会でも複数回キスしたという報道内容を「容認しがたい部分がある」とした。

続きを読む