産経ニュース

仙台育英高、飲酒・喫煙 「野球部は看板なのに…」 生徒、市民から落胆の声

地方 地方

記事詳細

更新


仙台育英高、飲酒・喫煙 「野球部は看板なのに…」 生徒、市民から落胆の声

 野球部員ら8人が飲酒や喫煙をしていたことが6日、明るみに出た仙台育英高。今夏の全国高校野球選手権大会では優勝候補・大阪桐蔭と接戦の末にサヨナラ勝利を収めるなどドラマを演出、プロ野球ドラフト会議では主将が東北楽天イーグルスに指名されるなど県内を沸かせてきたチームの不祥事に、同校の生徒や市民からは落胆の声が聞かれた。

 同校2年の男子生徒は「野球部は育英の看板なので残念。今後このようなことがないようにしてほしい」と落胆した様子。吹奏楽部に所属する2年の女子生徒は野球部と同じコースに通っているといい、「同じ学年として(飲酒や喫煙などの)行動はおかしい」。各大会では演奏でプレーをもり立ててきただけに「野球部は優しい人ばかり。今回のような隠れた一面があるとは…」と話した。

 今夏の甲子園県予選と本大会、同校の応援スタンドで試合を見守ってきた利府町の会社員男性(47)は「やんちゃが過ぎたのか、残念でならない」とし、「強豪校とはいえ、遠くの他県でなく、県内や東北地方出身の選手が多いチーム。身近な大人だけでなく、町ぐるみで守ってやれなかったのか」とやりきれなさを語った。