産経ニュース

九州のゴルフ場巡るツアー 西鉄、台湾客獲得へ提携

地方 地方

記事詳細

更新


九州のゴルフ場巡るツアー 西鉄、台湾客獲得へ提携

 西日本鉄道は6日、台湾からの訪日観光客取り込みを目指し、ゴルフ関連アプリを手掛ける現地企業と提携したと発表した。九州のゴルフ場や観光地を巡るツアーを用意するもので、今月から開始し、平成30年度は400人、31年度は1千人の利用を見込む。外国人のゴルフ客獲得を狙った本格的な事業展開は珍しいという。

 経済成長に伴い台湾のゴルフ人口は増加傾向にあり、特に富裕層で外国でもプレーを楽しみたいとのニーズが高いという。西鉄は今回の提携で事業のノウハウを得た上で、台湾以外の国・地域からの集客拡大につなげたい考えだ。

 提携するのは、台湾のグリーン・ジャケット・スポーツ社のグループ企業。スマートフォンでゴルフ場の予約からコースの確認、スコア管理などができるアプリを提供しており、現地で約9万人が登録済みという。こうした利用者にツアー参加を呼び掛けるほか、アプリに対応した日本のゴルフ場も増やす方針だ。初回のツアーは18日から4泊5日で、20人が参加予定。福岡県の3つのゴルフ場でプレーするほか、西鉄系のホテルや観光列車を利用する。