産経ニュース

行田・愛宕神社で商売繁盛願い酉の市

地方 地方

記事詳細

更新


行田・愛宕神社で商売繁盛願い酉の市

 行田市行田の愛宕神社で6日、年の瀬恒例の酉(とり)の市が行われ、大勢の市民らが「福をかき込む」とされる熊手などの縁起物を買い求め、商売繁盛や家運隆盛などを祈っていた。

 同神社の酉の市は明治40(1907)年に始まったとされ、111回目。境内には縁起物を売る露店が並び、熊手などの売買が成立すると、「ヨオー」「繁盛!」などと掛け声が飛び交い、威勢のいい手締めが鳴り響いた。

 同市の歯科医院院長、大石正人さん(34)は「去年も購入したが、患者さんがいっぱい来てくれました」と笑顔で話した。

 県内の酉の市は今後、8日に熊谷市の高城神社、14日に春日部市の粕壁神明社などで行われる。