産経ニュース

人口増で待機児童対策進める埼玉の東京都隣接自治体 戸田市「ボーナス年20万円助成」 草加市「就職フェア」 朝霞市「月1万円給与に加算」

地方 地方

記事詳細

更新


人口増で待機児童対策進める埼玉の東京都隣接自治体 戸田市「ボーナス年20万円助成」 草加市「就職フェア」 朝霞市「月1万円給与に加算」

埼玉県草加市主催の「潜在保育士セミナー&就職フェア」には約50人が来場した=11月16日、同市高砂 埼玉県草加市主催の「潜在保育士セミナー&就職フェア」には約50人が来場した=11月16日、同市高砂

 東京都に隣接する県内の自治体が、保育士不足に悩んでいる。いずれも都内へのアクセスの良さから子育て世代を中心に人口増が続くエリア。待機児童対策として保育施設の増設を続ける一方、担い手である保育士の確保がままならなくなっている。各自治体は、保育士へのボーナス上積みや就職フェアの開催など手を尽くしている。(大楽和範)

                   ◇

 「自治体間競争が不毛なのは分かっているが、『この1~2年が勝負』と思い切った施策を打ち出した」と話すのは、戸田市こども青少年部待機児童緊急対策室の福田忠史主幹。

 JR埼京線が走り子育て世代から人気が高い同市は平成30年度から5年間限定で、市内の民間保育施設に勤務する常勤保育士を対象にボーナスとして1人当たり年間20万円を助成する。29年度から実施している就職準備費用と合わせると、30年度から働き始める保育士には2年間で計70万円が上積み支給されるという。ボーナス受給者は約600人を想定。30年度当初予算案に1億2千万円を計上する。

続きを読む