産経ニュース

猫の映画上映して譲渡会 川越スカラ座

地方 地方

記事詳細

更新


猫の映画上映して譲渡会 川越スカラ座

 川越市の映画館「川越スカラ座」(同市元町)で、15日まで猫にまつわる2作品が上映されている。これに合わせて2日、保護した野良猫で営業する保護猫カフェ「ねこかつ」(同市新富町)が協力して保護猫譲渡会を行った。

 上映作品は、路上生活をする薬物中毒のストリートミュージシャンが1匹の野良猫に人生を救われた実話を映画化した「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」と、トルコのイスタンブールで暮らす猫と街の人々の姿を映したドキュメンタリー「猫が教えてくれたこと」の2作品。

 同館は「猫の映画を通じて、保護猫や保護活動などにも関心を持っていただきたい」としており、11日午後5時半にも譲渡会が行われる。10日には「ねこかつ」店長らのトークイベントが行われる。問い合わせは同館(電)049・223・0733。