産経ニュース

海老名市の“気象予報士”職員が活躍 地元の知識活用 きめ細かな予報で着実な防災に 神奈川

地方 地方

記事詳細

更新


海老名市の“気象予報士”職員が活躍 地元の知識活用 きめ細かな予報で着実な防災に 神奈川

海老名市職員としての本業の傍ら気象予報士として市民の防災に貢献する夏目雄一さん=同市役所(那須慎一撮影) 海老名市職員としての本業の傍ら気象予報士として市民の防災に貢献する夏目雄一さん=同市役所(那須慎一撮影)

 神奈川県海老名市の財務部職員として大切な市のお金を管理する本業の傍らで、気象予報士として市内の気象災害発生の可能性をいち早く詳細に予想し、市民の安全を守り続けるスペシャリストが同市役所にいる。市財務部財政係主査の夏目雄一さん(41)だ。昨今、ピンポイントでゲリラ豪雨に見舞われたり、あっという間に川が増水したりするなど気象環境がめまぐるしく変わる中、市職員に気象の専門家がいることで気象庁などより細かな情報分析ができ、早めの防災対策につながっているという。(那須慎一)

 海老名市役所3階の一室。夏目さんのデスクには、周りの職員とは異なり、ノートパソコンに加えてもう1台モニターがあり、天気レーダーの画像が映る。

 ■選挙と防災を両立

 10月22日の衆院選投開票日よりかなり早い17日。夏目さんはモニターを見ながら、投開票日の22日夜から24日早朝に台風が直撃することをいち早く予想し、庁内に予報の1報を発出。これを受け、19日には、内野優市長をトップとする情報連絡会を開催し、投開票日当日の人員配置などを決定した。

 選挙と台風対策が重なり、厳しい人員態勢になる自治体も多数ある中、海老名市は22日朝に災害警戒本部を立ち上げ、昼には市内の全避難所開設を決定。人員の変更などを慌てて行うことなく、選挙も防災対応も両立できた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 海老名市の“気象予報士”職員が活躍 地元の知識活用 きめ細かな予報で着実な防災に 神奈川