産経ニュース

山梨・昭和町が固定資産税と国保税4000万円超過徴収

地方 地方

記事詳細

更新


山梨・昭和町が固定資産税と国保税4000万円超過徴収

会見で謝罪する志村武夫副町長(右から2人目)ら=5日、山梨県昭和町役場(昌林龍一撮影) 会見で謝罪する志村武夫副町長(右から2人目)ら=5日、山梨県昭和町役場(昌林龍一撮影)

 固定資産税額の誤りが国保税の資産割額にも影響し、国保税の過徴収に及んだという。

 町は該当者に連絡。取りすぎた額に利子にあたる加算金(計約616万円)を加え、来年1月末に総額約4771万円を還付する。

 補正予算案の一般会計に固定資産税関係の4500万円、特別会計に国保税関係の310万円をそれぞれ計上。町は5日に開会した12月議会に提案した。

 町は再発防止策として、担当者だけで行ってきたチェックを、今後は担当部署の全員で行うとしている。