産経ニュース

【師走点描】鹿島神宮で縁起物準備 茨城

地方 地方

記事詳細

更新

【師走点描】
鹿島神宮で縁起物準備 茨城

 鹿嶋市宮中の鹿島神宮で、新年を迎える準備が始まり、神職や巫女(みこ)らが来年の干支(えと)の戌が書かれた絵馬を白い羽根のついた破魔矢にくくりつける作業に追われている。破魔矢は約1万5000本、干支の置物など正月の縁起物を約5万個用意する。鹿島神宮によると、今年の元旦から1月3日までの参拝客は計約70万人で、来年も同程度のにぎわいが予想される。

 鹿島神宮の吉田裕史禰宜(ねぎ)(56)は「目標を成し遂げるために参拝されるので、そのお手伝いができるよう準備に取り組んでいます」と話していた。