産経ニュース

日露「永遠の絆」2羽の鳥で表現 千葉・松戸の「宮ノ越地下歩道」に壁画完成

地方 地方

記事詳細

更新


日露「永遠の絆」2羽の鳥で表現 千葉・松戸の「宮ノ越地下歩道」に壁画完成

壁画「永遠の絆」と着物姿のカザンセワさん(右)とベロアさん=松戸市松戸の宮ノ越地下歩道(江田隆一撮影) 壁画「永遠の絆」と着物姿のカザンセワさん(右)とベロアさん=松戸市松戸の宮ノ越地下歩道(江田隆一撮影)

 千葉県松戸市松戸の市民会館わきのJR常磐線横断地下道「宮ノ越地下歩道」に、鳳凰(ほうおう)と火の鳥で日本とロシアの友好を表現した壁画「永遠(とわ)の絆」が完成した。ロシア・サンクトペテルブルクのアーティスト、アガタ・カザンセワさん(27)が友人のマリア・ベロアさん(27)と松戸の子供たち、ボランティアの手伝いで描いた。日本とロシアを象徴する金色の2羽がはばたいている。

 カザンセワさんはサンクトペテルブルクの国立文化芸術大学で学んだ。歴史的建造物や絵画など美術作品の修復、保存の専門家だが、自ら筆をとってモダンアートの制作も手がけている。ベロアさんは陶芸が専門という。

 今年、松戸駅西口の芸術家滞在施設「パラダイスエア」に長期滞在して制作するプロジェクトに応募。最終選考で落選したが、才能が注目され、暮らしの芸術都市づくりを進める松戸まちづくり会議(堀尾眞誠会長)が招待。11月1日に来日して、1カ月間で描き上げた。

続きを読む