産経ニュース

津軽海峡の北朝鮮船、海保が曳航 座礁の恐れで

地方 地方

記事詳細

更新


津軽海峡の北朝鮮船、海保が曳航 座礁の恐れで

津軽海峡で巡視船にえい航される北朝鮮船=30日午前(第1管区海上保安本部提供) 津軽海峡で巡視船にえい航される北朝鮮船=30日午前(第1管区海上保安本部提供)

 第1管区海上保安本部(小樽)は30日、津軽海峡を漂っていた北朝鮮船に座礁の恐れがあるとして、北海道南部沿岸の安全な海域に向け、巡視船による曳航(えいこう)を始めた。同日中にも立ち入り検査する方針。

 1管によると、北海道松前町沖で漂っていた木造船を、29日午前に上空から発見。監視を続けていた。船は潮流で津軽海峡を東に流され、青森県大間町付近の沖合で座礁する恐れがあったため、30日午前6時ごろ、北海道知内町沖に向けて曳航を始めた。

 北朝鮮船には10人が乗っているとみられる。乗員は、荒天のため松前町沖の無人島、松前小島に一時避難していたと説明。28日には北海道警のヘリコプターや海保の航空機が、同島の避難港近くで人影や船を確認していた。