産経ニュース

東浦みかん、いっぱい取れた 敦賀の児童、収穫を体験 福井

地方 地方

記事詳細

更新


東浦みかん、いっぱい取れた 敦賀の児童、収穫を体験 福井

 敦賀市特産の「東浦みかん」栽培の継承に向けた活動を続けている市立東浦小・中学校の児童、生徒が28日、同市大比田のミカン農園で収穫作業を体験した。

 東浦みかんは酸味と甘みの絶妙なバランスが特徴で、県内外で人気がある。地域のよさを知ってもらおうと、同校は総合的な学習の時間などを利用し、東浦みかんの栽培、県外でのPR販売などを体験する「東浦みかんプロジェクト」を続けている。

 収穫作業の体験は、後継者作りに取り組む地元農家のグループが管理し、50~60本が栽培されている農園であった。児童、生徒31人は農家の指導を受けながらはさみや手で黄色く色づいたミカンをもぎ取った。同小3年の村岡知佳さん(9)は「ミカンは大好き。はさみを使って実を切り取るのがおもしかった。いっぱい取れた」と笑顔をみせた。