産経ニュース

西日本B-1グランプリ 「津山ホルモンうどん研」3位 鈴木代表「活動の力に」 岡山

地方 地方

記事詳細

更新


西日本B-1グランプリ 「津山ホルモンうどん研」3位 鈴木代表「活動の力に」 岡山

 津山市の市民らでつくる町おこし団体「津山ホルモンうどん研究会」が、25、26日に開催された「2017西日本B-1グランプリ」(兵庫県明石市)で、ブロンズグランプリ(3位)を獲得した。

 同グランプリには、西日本を中心に、24団体が出展。うち東日本のゲスト団体や開催地の明石を除いた16団体を対象に、来場者がご当地グルメの味やパフォーマンス、おもてなしなどを総合審査し、箸で投票。順位を競った。

 同研究会は平成17年に結成。鉄板料理としてなじみのあったホルモンうどんをご当地グルメとして発信。23年には姫路市で開催された「第6回B-1グランプリ」でシルバーグランプリ(2位)を獲得。現在、市内では鉄板焼店や焼き肉店など50店舗以上でホルモンうどんが提供されている。

 西日本グランプリには、研究会メンバーや県立津山東高生ら計約60人が出展に参加。鈴木康正代表は「高校生ら若い力がメンバーの励みになった」と感謝し「『本場の味を食べに、津山に行くよ』などと多くの方から声をかけていただき、今後の活動の大きな力になった」と喜んだ。