産経ニュース

児童虐待・DV、相談して 高松で園児ら根絶訴え

地方 地方

記事詳細

更新


児童虐待・DV、相談して 高松で園児ら根絶訴え

 高松市や市児童対策協議会などは28日、同市の丸亀町商店街で「オレンジ&パープルリボンキャンペーン」を行い、児童虐待やドメスティックバイオレンス(DV)などの根絶を訴えた。

 今月の「児童虐待防止推進月間」などに合わせた取り組み。高松保育園の年長組園児や社会奉仕団体の高松キワニスクラブのメンバーらが参加した。

 園児らが子供の願いの発表や歌を披露したあと、行き交う人に、相談窓口の連絡先が書かれたティッシュやリボンなどを手渡した。

 香川県や他の市町でも同様のキャンペーンを行うなどして啓発に努めているが、児童虐待やDVは減っていないのが現状という。

 高松市は「ひとりで悩まずに、まずは相談してください」としている。相談窓口は市こども女性相談室(電)087・839・2384、平日午前9時~午後4時。