産経ニュース

ソバ、台風で大打撃 収穫量が激減、半分以下に? 福井

地方 地方

記事詳細

更新


ソバ、台風で大打撃 収穫量が激減、半分以下に? 福井

 JA県中央会によると、平成29年産のソバの収穫量は大幅に落ち込む見通しとなった。夏と秋の台風による影響といい、年末に向けて価格の高騰も予想されている。

 作付面積は前年並みの約3600ヘクタールで、今年は7月下旬ごろから種まきが始まったが、8月8日の台風5号の通過で同日前に種がまかれたほとんどの農地で発芽不良となった。

 8月下旬にまき直した農地でも9月上旬にかけて大雨に見舞われ、発芽不良や立ち枯れなどの被害が発生。10月も台風21号で県内全域が大雨となり、倒伏や実が落下するなどの被害が出たという。29年の収穫量は前年産の半分以下に落ち込む見通しもある。