産経ニュース

西海のレジャー施設、「長崎オランダ村」の名称復活 知名度で苦境脱出図る

地方 地方

記事詳細

更新


西海のレジャー施設、「長崎オランダ村」の名称復活 知名度で苦境脱出図る

「長崎オランダ村」に名称を変更するポートホールン長崎 「長崎オランダ村」に名称を変更するポートホールン長崎

 長崎県西海市のレジャー施設「ポートホールン長崎」は27日、平成13年に経営難で閉園した「長崎オランダ村」に名称を改めると発表した。今も残る高い知名度を生かしながら、映画上映や若手のアーティストを招待することで集客力の向上を目指す。12月16日から本格的にイベントを開始する。

 入場は引き続き無料とするが、敷地内施設の利用時などに料金を支払ってもらう。今回施設の一部を改修し、500円から楽しめる映画館を設置する。夜にはライトアップイベントを実施するほか、キャンドル作り体験や、若手ミュージシャンのコンサートを開催する。

 この日、西海市で記者会見した運営会社の宅島寿雄社長(73)は「エンターテインメントを提供し、人を呼び込みたい」と語った。平成30年度の集客目標を約30万人、売上高約3億円を目指す。

 旧オランダ村は昭和58年、風車やチューリップでオランダの街並みを再現した観光施設としてオープン。創業者は、後にハウステンボス(長崎県佐世保市)も開業した神近義邦氏だった。最盛期には年間入場者が約200万人を記録したが、次第に観光客が減り、閉園した。

 西海市から跡地を無償貸与され、運営会社が昨年4月にポートホールンとして開園した。海外からのクルーズ船観光客向けに免税店を設けるなどしているが、厳しい経営状況が続いている。