産経ニュース

鶴岡の漂着アザラシ、回復順調

地方 地方

記事詳細

更新


鶴岡の漂着アザラシ、回復順調

 鶴岡市三瀬(さんぜ)の海岸に漂着し、市立加茂水族館に保護されていたキタゾウアザラシが餌などをよく食べるほどの回復ぶりを示している。

 今年10月15日に発見され保護された際には頭などに傷があり衰弱していたが、プールのある個室で抗生剤投与などの治療を受け、約2週間後にはマダイなど生き餌を食べ始めた。いまでは飼育員が与えるサバやアジなどを首を伸ばして食べるほど食欲が戻った。推定年齢は3歳という。

 キタゾウアザラシは北米大陸の太平洋側などに生息し、国内での保護事例は2例と少ない。

 同館では海に戻さず、今後も保護を続けていくという。