産経ニュース

地方 地方

記事詳細

更新


外部監査受け熊本市長減給

 熊本市の大西一史市長は、女性市議が代表を務める漁業協同組合への市の支出を「市議の働き掛けがあった」として不適正とした外部監査を受け、自身を減給すると発表した。減額幅は今後決める。市議会は、市に不当な要求を繰り返したとして、漁協代表の北口和皇市議(59)に辞職勧告決議を出し、特別委員会を設けて調査している。