産経ニュース

離島に図書館…交流の場に 高松・男木島移住の夫婦が古民家改修

地方 地方

記事詳細

更新


離島に図書館…交流の場に 高松・男木島移住の夫婦が古民家改修

 高松港からフェリーで約40分、瀬戸内海に浮かぶ男木島(高松市男木町)に、移住した夫婦が古民家を改修してつくった「男木島図書館」がある。昨年2月に開館。子供たちの学習環境というだけでなく、島民や移住者の交流の場になっている。

 男木島は面積1・34平方キロ。10月1日時点で105世帯162人が住んでいる。

 図書館は、ウェブデザイナーの福井順子さん(43)らのNPO法人が運営。草木に覆われ、空き家だった築約80年の民家を1年がかりで改修した。窓が多く、明るい室内の棚には児童書や海外文学、写真集など約5千冊の蔵書が並ぶ。

 男木島は夫の大和さん(40)の古里。平成26年に大阪から娘(13)と一家で移住した。小中学校は休校していたが、転居前から他の移住者らと市議会などに働き掛け、同年春に再開された。

 心配だった子供の学習環境だけでなく、「後に移住する人が過ごしやすい場所をつくりたかった」と、図書館を思い付いたきっかけを話す順子さん。「使命感に駆られたわけではなく、自然体でやりたいことをやった」と言う。

 図書館には移住希望者の相談窓口も設けた。大和さんが役員を務める自治会の調査では26年春以降、20~30代の若い世代を中心に15世帯42人が新たに島の住民となった。

 順子さんは「空き家が草木にのまれるのは早く、人がいてこそ男木島の景色がある。今は図書館を存続させることが大事」と語る。夫婦は「そろそろ、(図書館)裏の草取りをしなくちゃ」と笑顔を見せた。