産経ニュース

長崎駅前にヒルトン誘致 九電工グループ優先交渉

地方 地方

記事詳細

更新


長崎駅前にヒルトン誘致 九電工グループ優先交渉

 長崎市は、平成34年度の九州新幹線長崎ルート暫定開通に向けてJR長崎駅の西側に整備する予定の大型複合施設に、米ホテル大手ヒルトングループを誘致する計画を発表した。33年の施設開業を目指す。

 市は駅西側で再開発を進めており、国際会議場やホテルが一体となった複合施設の整備や運営を担う事業者を公募。ヒルトン誘致を盛り込んだ提案をした、九電工を中心に14社でつくる企業グループを優先交渉先に選んだ。企業グループはヒルトン側との協議を担い、来年6月に市と正式契約を結びたい考え。

 提案書によると、ホテルの客室は200室。複合施設内には、展示ホールや小売店舗が入る。年間約61万人の利用を見込んでいる。