産経ニュース

岡山の魅力いっぱい 後楽園に美観地区…映画「8年越しの花嫁」交え県が観光PR映像

地方 地方

記事詳細

更新


岡山の魅力いっぱい 後楽園に美観地区…映画「8年越しの花嫁」交え県が観光PR映像

 実話を基に岡山ロケが行われた映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の公開を前に、県は同作の予告編を組み合わせた観光PR映像を作製した。東京など全国10カ所(101スクリーン)のイオンシネマで25日から上映される。

 同作は、結婚を約束したカップルを中心とする物語。ヒロインが突然の難病で意識不明、記憶喪失となるが、そうした多くの試練を乗り越え、2人は最初の約束から8年を経て結婚する。

 現在も岡山市内で暮らす実在の夫婦の歩みが原作となっている。

 PR映像は1分間。県内で収録された主演者の佐藤健さんと土屋太鳳さんによる劇中場面、これに岡山後楽園と岡山城、倉敷美観地区、牛窓などの瀬戸内海、美作三湯、特産の果物などと県内の魅力を紹介している。12月22日までの間に約1万4千回上映されるという。

 また同作は県内で12月9日から先行上映され、同16日から全国公開(約320館)となる。

 今後、県、ロケ地となった岡山市と浅口市では、ロケ地マップなども作製の予定。岡山市民病院などロケ現場では特設コーナーなども用意する。