産経ニュース

歳暮商戦「ガンバロー」 一畑百貨店松江店で出陣式

地方 地方

記事詳細

更新


歳暮商戦「ガンバロー」 一畑百貨店松江店で出陣式

 歳暮商戦が本格化し、松江市の一畑百貨店松江店で23日、「お歳暮出陣式」が開かれ、店内に歳暮用の特設会場がお目見えした。歳暮需要の先細りなどから、今回初めて自宅向けの「お買い得商品特別販売」の取り扱いを始めた。

 出陣式では、「お歳暮総合ギフトセンター」となる6階フロアに、ハッピや店頭用エプロンなどを身につけた従業員らが整列。井上智弘専務が「お歳暮の習慣は守っていきたい日本の文化。お歳暮を通じて島根、山陰の魅力を全国にお知らせを」と呼びかけ、従業員らが「ガンバロー」と唱和した。

 同百貨店では、昨冬より30点多い918点の歳暮商品を用意。例年力を入れている「ふるさとギフト」では、「一福」(飯南町)の「純生そば」、「長岡屋」(松江市)のあご野焼きを前面にPR。また、女性に人気の高濃度水素水を初めてラインアップした。

 自宅向けの商品としては16点を取り扱い、松江・出雲両店で申し込みを受け付ける。クリスマスや年末年始などでの自家消費を見込んでいる。

 両店では、12月25日までギフトセンターを開設。百貨店全体で、昨冬より0・8%増となる3億500万円の売り上げを目指す。