産経ニュース

地方 地方

記事詳細

更新


防府市長・松浦氏6選不出馬

 山口県防府市の松浦正人市長(70)が、来年6月の任期満了に伴い実施される市長選に、出馬しない意向を固めたことが22日、分かった。24日の定例記者会見で正式に表明する。

 松浦氏は防府市議、山口県議を経て、平成10年の市長選で初当選した。現在5期目で、市の財政改革に力を注いだ。今年6月には全国市長会会長に就任した。

 松浦氏は、副市長の村田太氏(60)を後継指名する方針。松浦氏は「以前から若い人に譲りたいと思っており、ようやく後を託せる人材に巡り会えた。今後は政治の世界を離れて、防府市のために動きたい」と語った。

 一方、松浦氏と距離を置く自民党市議らが、対立候補の擁立を進めている。