産経ニュース

【信州ワイド】新型「スーパーあずさ」来月デビュー 乗り心地さらに向上、室内広々

地方 地方

記事詳細

更新

【信州ワイド】
新型「スーパーあずさ」来月デビュー 乗り心地さらに向上、室内広々

松本駅に停車するスーパーあずさの新型車両「E353系」=22日、松本市(三宅真太郎撮影) 松本駅に停車するスーパーあずさの新型車両「E353系」=22日、松本市(三宅真太郎撮影)

 JR東日本は22日、中央線の新宿-松本間を走る特急「スーパーあずさ」の新型車両として、12月から営業運転を始める「E353系」の試乗会を開催した。カーブでの揺れを抑える新技術を採用し、現行車両より乗り心地が大幅に向上。車体のデザインも一新した。鉄道ファンならずとも乗車したくなりそうだ。(三宅真太郎)

DNA引き継ぐ

 松本城の青みがかった漆黒の「キャッスルグレー」で覆われた先頭車両の正面には、縦に並んだ発光ダイオード(LED)の前照灯が備えつけられている。

 現行車両の「E351系」でも使用された紫色の「あずさバイオレット」の線が、歌舞伎の化粧「隈(くま)取り」を彷彿(ほうふつ)とさせるように上下に走り、各車両の上側部分を最後尾の車両まで延びる。南アルプスの雪色を用いた「アルパインホワイト」をベースにした車体との調和が美しい。

 デザインのコンセプトは「伝統の継承、未来への躍動」。監修はフェラーリなどの高級外車や北陸新幹線のE7・W7系を手掛けたことでも有名な工業デザイナーの奥山清行氏。

 「あずさのDNAを引き継ぎつつ、日本の中央を走り抜けるダイナミズムを表現した」

続きを読む

このニュースの写真

  • 新型「スーパーあずさ」来月デビュー 乗り心地さらに向上、室内広々
  • 新型「スーパーあずさ」来月デビュー 乗り心地さらに向上、室内広々
  • 新型「スーパーあずさ」来月デビュー 乗り心地さらに向上、室内広々
  • 新型「スーパーあずさ」来月デビュー 乗り心地さらに向上、室内広々